職場の40代独身女性で、魅力的な人を挙げられますか?

うーん、なんて、考え込んでしまいませんか?

40代の女性、とりわけ独身の女性は職場で「キツイ人」、「難しい人」と思われがち。

今現在40代シングルマザーの私もその中の一人。

周りから「あの人がいると雰囲気悪いよね」なんて言われないように気を付けるべきことをまとめました。

40代独身女性は職場のマイノリティと自覚する

40代独身女性は職場のマイノリティ

そもそも私達40代の独身女性は、職場で少数派です。

男女雇用機会均等法が施行されてすでに数十年。長い年月を経てなお、社会は女性が安心して働くことができる環境とは言いにくい。それが現実です。

産休や育休の制度があったとしても、結婚や出産で職場を去る女性はやはりいますし、休職や転職がなく仕事を続けられる女性というのはまだまだ全体からしたら多いとは言えません。

だから、40代までバリバリ働いてきたという女性は、どうしても職場全体からしたら少数派であることが多いようです。

少数派であるということは、40代独身女性と同じ思考回路を持つ人が職場にあまりいないということでもあるんです。

だから、職場での意思決定の時に、多数派に押されて40代女性の意見が通らなかったなんてこともあるのではないでしょうか。

職場で周りの人から疎まれるのはこんなアラフォー女性

こんな40代独身女性は嫌われる

少数派であることに加えて、40代の独身女性は周りの同僚から「話しかけづらいな」とか「気を遣うな」など、敬遠されることもしばしば。

私自身も、自分が若いころの思い出として、すごく当たりがきつくて話しかけたくなかった40代女性の記憶があります。

今、自分自身が記憶のその人の年齢を迎えようとしている。

これって結構危機感なんですよね。

職場で疎まれてしまう40代女性の特徴というと、ある程度の共通点があるようです。

それは、人当たりの強さ。

「あの人は仕事に詳しいけど、質問するのが怖いから嫌だな」

そんな風に敬遠されてしまうと人間関係もこじれてしまいますし仕事も円滑に運びませんよね。

結果、40代独身女性は「あの人がいると仕事がうまく運ばない」なんて言われてしまうわけです。

どうして40代独身女性は人当たりがキツイの?

当たりがキツイ40代女性

では、いったいどうして私達40代の独身女性は職場で人当たりがキツくなってしまうのでしょう。

ぶっちゃけ、私は嫌われたくない。

平和にやりたいんだ~~~~~!!!!

だからどうして40代独身女性が当たりがきつくて周りに恐がられてしまうのかを知って、日ごろから気を付けたいと思うんです。

自分ができることを周りにも求めてしまうから

40代の独身女性は、社会に出てから休むことなく働いてきたバリキャリの方が多いようです。

それだけ働いて自立した40代女性は、自分がすごく仕事ができるということを自覚していないこともしばしば。

自分ができるから、努力してできるようになったから、同じように周りの人もできて当然と思ってしまうと間違いの元です。

40代独身女性ができることを、20代独身男性は同じようにはできません。

20代女性も30代女性も同様です。

「なんでこんなこともできないの?」なんて思ってしまってはダメ。

その気持ちが表に出てしまうと、相手に威圧感を与えることになります。

それが周りから浮いてしまう原因になるんです。

ルーティンを変えることが嫌!と頑固になってしまうから

40代って、社会に出てから約20年くらいが経ったという人が多い年ごろですよね。

今に至るまでにたくさんの経験をしてきている40代女性は、本来なら職場の中で頼りになる存在。

でも、しっかり仕事をこなそうとやるべきことをルーティン化してきたというような几帳面な人ほど、「このやり方が正しい。ほかのやり方は間違っている。」と、それまでの慣習を曲げることができず、人にもそれを押し付けがち。

物事は常に移り変わっていきます。

特に仕事は、IOT化の流れもあってこれまでと同じ方法で取り組み続けるということはなかなかできないことの方が多いのではないでしょうか。

そのような変化を前向きにとらえることができないと、「あの人は自分のやりたいようにしかしてくれない困った人」というレッテルを貼られてしまいます。

都合のいいときだけ若い子と仲良くしたがるから

都合のいいときだけ仲良くしようとしちゃだめ

40代だろうが何だろうが、私たちは一人の女性です。

おしゃべりだって大好き!

仕事中だっておしゃべりやコミュニケーションをしたくなることもあります。

普段から年下の女性と仲良くできているという40代女性なら気にならないでしょうが、周りから「話しかけづらい」と思われている40代女性にとって、おしゃべり相手を確保することはちょっと難易度が高いことも。

いつもは「仕事中におしゃべりなんて!」と思っている人でも、時には人に話を聞いてもらいたい気持ちになることがありますよね。

そんなとき、普段全然会話をしない職場の若い女性たちと突然仲良く話ができると思うのはNG!

相手は年上の40代女性に気を遣って話を合わせてくれているだけで、本心は「いつもはつんけんしているのに突然どうしたの?」といぶかしんでいるかもしれませんよ。

職場で好かれる40代女性はこんな人

好かれるのはこんな人

仕事ができても、言葉や人当たりがきつくて愛想がない。

そんな風に思われてしまうと職場での人間関係がなかなかうまくいきません。

反対に、職場で好かれる40代女性はどんな人なのでしょう?

いつもにこやか。仕事ができることを鼻にかけない

40代独身女性でも同僚に好かれていて人間関係もうまくいっている人はたくさんいます。

その人たちの特徴は総じて、いつもにこやか。

仕事ができることを鼻にかけたりせず、忙しいときでもいつも優しい対応ができる人。

ちょっとしたトラブルが起きたときにも、経験と持ち前の包容力で迅速な対応ができ、それを自慢したりせずに周りをフォローできる人。

そんな人の周りにはいつも質問に来る社員が絶えませんし、普段から気軽なおしゃべりができる関係性ができているので、話しかけづらいなんて思われることもありません。

おひとり様を楽しんでいる、自立した女性

職場で好かれる40代独身女性は、年齢や結婚といったライフイベントに対してコンプレックスを持たず、今の自分を心から楽しんでいる人です。

1人で行動することに対して抵抗がないので休みの日も自分の力で充実させることができていて、心身共に自立した女性。

若い世代の女性にとって、40代独身女性は自分の未来の姿です。

その40代独身女性がキラキラと輝いて生きていると、若い女性にとっては「あの人みたいになりたいな」という目標や指標になります。

若い女性にとっての明るい未来を連想させてくれる40代独身女性は職場の人気者!

気さくでノリがいい。NGワードがない

「あの人に結婚ののろけ話はタブーだよ」

「恋愛話してるとあの人機嫌悪くなるよね」

なんて言われてしまうような40代女性、心当たりがありませんか?

NGワードが多い40代女性は、何かと気を遣ってしまうので付き合いにくいという印象になりがち。

何も、NGなしでなんでもぶっちゃける女性であれ!ということではありません。

仮にコンプレックスに感じていることがあるなら、正直にそれを言ってしまってもいい。

「それについては私も気にしてて・・・」なんて、強がらずに心の中をまっすぐに表現したっていいんです。

無用なプライドを捨ててしまって、本来のかわいい自分で人と向き合ってみましょう。

40代女性は常に余裕を持った対応が必要

40代女性には余裕が必要

40代独身女性は、職場ではベテランさんであることが多いですよね。

だから、「こうじゃなきゃダメよ!」なんて、つんけんしてしまわないで、「何かあったら言ってね!」というくらいの余裕を常に持っていたいもの。

余裕のある態度で周りの人にも優しく接することができれば、40代女性は本来の魅力が満載の素敵な女性として職場で浮くことなく、むしろ一目置かれる存在に。

普段の職場での過ごし方を少し振り返ってみてくださいね。

おすすめの記事