40代で若く見える女性は何が違う?
40代になってお肌のくすみが気になりだした。 ほうれい線が濃くなってきたような気がする。 なんだか顔が疲れて見える。

そんな悩み、アラフォー世代の女性なら身に覚えがあるのではないでしょうか。

40代は女性にとって、心身ともに変化が訪れる時期。

この時期の女性は見た目年齢に大きな差が出てくることもあり、同い年の女性だとしても全然違った年齢に見えてしまうこともよくあることです。

老け顔になりたくない。

若々しくきれいでいたい。

みんなそう思うもの。

40代女性がキレイを磨くために気を付けるべきことを解説します。

厚化粧は絶対ダメ!40代は素肌を磨いて美を目指そう

厚化粧はダメ!

年齢を重ねる中で、ファンデーションの色が昔よりも暗い色に変えたという方、多いのではないでしょうか。

加齢とともに肌の透明感は失われますから、ファンでの色が変わること自体は自然なことです。

でもちょっと、自分としては嫌なモノだったりもしますよね。

他にも、若いころには気にならなかった口の横のほうれい線や目元のしわ、頬のシミなどなど、言い始めたらきりがないかもしれません。

肌のくすみやシミをごまかせると思うのは間違い

そうした加齢によるお肌のトラブルをお化粧でごまかそうと思うのは絶対にダメ。

若いころからのこまめなお手入れをしてきたという人ほど、お化粧自体は薄くナチュラルだと思いませんか?

お肌の美しさは一時の努力で手に入るものではありません。

お化粧だけで完璧に隠すことができる技術を持っているという方なら別として、大体の場合、厚化粧は周りから「老けて見える」と思われてしまいます。

自分ではお化粧している最中にはあまり気づくことができなかったりするんですよね。

でも、周りはちゃんと見ていますし、「最近あの人化粧厚くない?」なんて、噂されているかもしれません。

くれぐれも厚塗りでごまかそうとするのはやめておきましょう。

素肌のお手入れに力を入れることが40代の美の第一歩

美しい素肌を手に入れるためには毎日のお手入れが不可欠。

40代になった今からでも遅くはありません。

毎日コツコツと素肌を磨いていきましょう。

年齢を重ねて変化を始めた40代女性のお肌は、20代の頃と同じお手入れや同じコスメでは合わないのも当然。

40代の今の肌に合うものを厳選して選びましょう。

ちょっとお高いエイジングケア用の基礎化粧品ももちろんいいですが、無印良品やFANCLなど、良心的な価格でも無添加や敏感肌に優しい基礎化粧品を扱うブランドはあります。

自分の今のお肌に合うものをぜひ探してみてください。

そのうえで、毎日のメイクオフはしっかりと。

洗顔は洗顔ブラシなどを使用して毛穴の汚れも優しく丁寧に落とします。

汚れを落とした後のお肌には、丁寧に化粧水で潤いを。

手でパッティングや手を肌にしっかりと押し付けてなじませるだけではなく、化粧水を含ませたコットンなどを使ってお肌に水分を満タンに補充しましょう。

もちろん美容液で蓋をするのを忘れずに。

髪のツヤは見た目年齢に即反映!40代は美髪を心がけて

髪のツヤが大事

近頃ちょっと髪のツヤが失われてきたような・・・?

そんな気がしている40代女性、多いのではないでしょうか。

加齢とともに白髪が気になる方もいますし、髪がうねってくるという方も。

40代女性の後ろ姿で最初に目につく部分でもある髪は、しっかり磨いておきたいものです。

白髪が気になる人に救世主!白髪でもツヤが出て明るい色に染められる

白髪が気になるようになってくると、ヘアカラーも白髪染めにチェンジ。そんな方が多いですよね。

「おしゃれ染め」と「白髪染め」なんて言い分けられると、「私の毛染めはもうおしゃれ染めじゃないのね」なんて、センチメンタルになったりして。

本当は美容室でちゃんと染めたいけど、白髪の目立ってくる速度ごとに美容室に行っていると出費も大変。

となると思い当たるのはセルフカラー。

ですが、セルフカラーは不自然な黒に染まってツヤも失われてしまったり、染めムラができてしまうなどの失敗も怖いところです。

そんな白髪染め難民に朗報!な商品があるんです。

白髪染めなのに黒い髪もきれいな明るい茶色に染めることができて、しかも染めた後の髪のツヤ感がアップする白髪染めというのが最近は販売されているんです。

株式会社ダリヤから発売されているCLEODiTE(クレオディーテ)は悩める40代女性の救世主!

クレオディーテ
【シアーベージュ】クレオディーテ(CLEODiTE) クリアリーカラー ダリヤ(DARIYA)

ヘアカラーの前後に使うトリートメントもついていて、さらには分量もセミロング(方にかかる程度)くらいまで対応の大容量。

カラー剤って毛量の多い人には1つでは足りなかったりして、2つ用意しないと全部が染められないけど2つ丸ごと使うのは余るし・・・なんて、ちょっと困ることも多いですよね。

そんな方にもおすすめなんです。

染めた後のツヤ感もまるで美容室帰りの用でウキウキしますし、本当におすすめの品です。

白髪があるからおしゃれな髪の色ができないなんて考えるのはナンセンス!

髪から美しくなっちゃいましょう。

日々のブローなど、日ごろのお手入れで40代の髪は美しくなる

カラー剤でいいものが出てきたからといって、日々のお手入れをしなくては髪の美しさは保たれません。

お風呂上りにはタオルドライ後に洗い流さない美容液と丁寧なブローをするなど、毎日のお手入れは不可欠。

加えて、日中職場やランチに入ったお店などでのお手洗い時にはぜひ後頭部をチェックしましょう。

どこかに寄り掛かったときに乱れた髪がそのままになっているようなことがあると後ろ姿が台無し。

日々の基本的なお手入れと、ふとした瞬間の360度チェックで40代女性は美しい髪をキープできるんです。

恐がらずに新しいヘアスタイルにも挑戦しよう

「もう若くないし、髪型で冒険するのはちょっと・・・」

なんて、臆病になっていませんか?

ずっと同じ髪型も似合っていればもちろん素敵ですが、実は挑戦したい髪型があるのに躊躇しているということならぜひチャレンジしてみましょう。

40代は若々しさもありながら大人の魅力も増してくる女性にとって素敵なお年頃。

若いころにはできなかったヘアースタイルが今なら似合うということもあるかもしれません。

今の自分に最も似合うスタイルを美容室で相談してみるというのもおすすめです。

ヘアスタイルに変化がある女性って、おしゃれで素敵だと思いませんか?

ぜひ臆さずチャレンジして、もっと美しくなりましょう。

40代は常に健康的にダイエットを心がけて

40代は常時ダイエット

お肌や髪など、お手入れがより必要になってくる40代女性にとって、常にネックになるのが体型です。

昔より肉が付きやすく、落としにくくなったという方がほとんど。

それは年齢を重ねる中で代謝が落ちてくるから。

無理なダイエットは卒業。40代のダイエットは代謝を上げて燃える体つくりがテーマ

痩せたいというのは女性にとって永遠のテーマかもしれません。

特に年齢を重ねると代謝が落ちてどんどんと太りやすく痩せにくい体質になってくるのが40代女性の特徴です。

そのような体の変化に無理なダイエットで対抗するのはもう卒業です。

40代女性が若さを保つには、食べないダイエットは向きません。

むしろ、代謝を上げてくれるたんぱく質をしっかり摂りながら、様々な栄養を少しずつバランスよくとるほうが40代からの女性の体には向いているんです。

正しい食事と適度な運動で代謝を上げて燃える体にしていくことが40代女性の美の条件です。

電車1駅分歩くとか、ちょっとした時に筋トレするとか、努めて体を動かしましょう。

常に姿勢に気を配って。ふとしたところにつく肉が40代をおばさんにする

40代女性の体の変化は少しずつ少しずつ体のラインに表れます。

気を抜いた姿勢を続けているとあっという間にだらしないボディに近づいてしまうのが40代女性の怖いところ。

立っているときはもちろん、座っているときにも背筋をしっかり伸ばし、正しい姿勢を心がけましょう。

正しい姿勢でいるということは、それだけでも筋肉を使っているんです。

脂肪を燃焼してすらりときれいでいるためにも、40代女性はビシッと美しい姿勢を心がけましょう。

40代女性は品位ある行動や発言でもっと美しくなれる

言動に気を付ける

肌ツヤや髪型、ダイエットなど目に見える美しさ以外にも、40代女性をもっと若く、もっと美しくさせてくれるのがその内面のしなやかさ。

年齢と経験を重ねてきた40代女性はどうしても色んな事が見えてしまいます。

それは時に人の粗であったり、自分自身のことかもしれません。

それらに対して高圧的な態度を取ったり、汚い言葉遣いをするようなちょっとお下品な所作は40代女性には不似合い。

気持ちやその時の状況がどうあれ、落ち着いて余裕のある態度や言動ができるように常に心がけましょう。

40代女性が落ち着いて上品に振る舞う様は、若い女性よりも更に絵になります。

文句を言うなとか、愚痴を言うなということではありません。

上品に言うべきことを言い、素敵に見えるような愚痴の吐き方を考えてみましょう。

「もうおばさんだから」という思考は絶対ダメ!フットワークの軽さを大切に

「私なんてもう40歳を超えたおばちゃんだから」

なんている自虐発言は絶対にNG!

自分自身もどんどん自分のことをおばさんだと思うようになってしまいますよ。

自分で自分のことをおばさんだと思ってしまっては、どんどんおばさんに近づいてしまいます。

40代女性は実際問題まだまだ若いんです。

挑戦したいことは何でもチャレンジできます。

40代女性の可能性はまだまだ果てしないのです。

ぜひフットワーク軽く、いつでも動き出せる気持ちでいるようにしましょう。

ネガティブワードは禁止!大人のポジティブは内面からあなたを輝かせる

おばさん自虐発言を含む40代女性のネガティブ発言は、誰からも喜ばれないということを知っていますか?

自虐ネタって笑いが取れそうなんて思ってついつい使うのは実は逆効果。

反応に困るだけですし、大人の女性がネガティブな事を言うのってフォローもしづらいし周りの人からしたら困りもの。

弱音を吐きたくなったら、気の置けないお友達や家族、SNSなどに上手に吐き出すことにして、普段は「ネガティブなんて知りません」という顔をしておきましょう。

40代女性の大人の魅力と、にじみ出るポジティブな雰囲気は周りを安心させるパワーを持っていますし、周りの方のあなたを見る目が変わりますよ。

「いつもの」チョイスを変えてみる。より良い選択を常に考えて

20代や30代のころから愛用しているアイテム、ありますか?

例えばシャンプーやコンディショナー、アイライナーやアイシャドウなどの日々使う消耗品がずっと同じものをリピート購入していたり、よく見る洋服屋さんがずっと同じだったり。

いつものアイテムは安心感もありますし、自分に合うことも分かっていていいのですが、40代女性はぜひ少し冒険心も持ちたいところ。

これまでチャレンジしてこなかった色味のコスメや、憧れていたけど手が出なかったハイブランドなど、これまでよりも更によくなるチョイスができないか、ふとした時に考えてみてください。

変化があるというのは女性にとって素敵なチャレンジですよね。

40代女性は今だけしかできないファッションを存分に楽しもう

ファッションを楽しもう

40代って大人だけどまだまだ若々しさもあって、お得なお年頃。

ホルモンバランスの乱れなどで不安になることはもちろんあるけれど、今しかできない40代ならではのファッションを楽しんでみませんか?

無理な若者ファッションは卒業しよう

ミモレ丈のスカートがもっとも似合うのは40代女性だと思いませんか?

キュッと引き締まった足首が見えるミモレ丈、20代には少し大人っぽすぎたり、背伸びして見えてしまったり。

大人の女性である40代だからこそカッコよく着こなせるファッションを見つけて、ぜひ年齢相応のおしゃれを楽しみましょう。

過剰にフリルがついていたり、膝上のミニスカートが好きという方や、ダメージデニムが好きなど好みはそれぞれですが、無理な若者ファッションにしがみつく必要はないのです。

鏡の前に立って、自分が今一番輝けると思うアイテムを選びましょう。

40代女性はデザインだけでなく素材にもこだわって

ファストファッションが台頭し、おしゃれでトレンドなものが安く買える今、それでも40代女性はデザインのかわいさだけでなく素材にもこだわってファッションを選びましょう。

サテン生地など、テロテロとしてシルクに似せたものは確かに安く手に入ります。

便利なんですよね。サテン生地のお洋服。

でも、中には一つ、よそ行きで上質な一品をしつらえるようにしましょう。

高いものを買えばいいということではありませんが、こだわって選んだアイテムはきっとあなたをより輝かせてくれますよ。

若々しく魅力的な40代女性を目指そう

ステキな40代を過ごしましょう

40代女性は自分で自分をおばさんだと思ったり、自分の可能性を否定してしまったりしなければまだまだ若々しくいられるんです。

基本的な自分磨きと、40代ならではの美容やファッションでこれまでよりももっともっと美しく、素敵になっていけます。

これまでの人生で今が一番きれいで楽しい!

そんな40代を目指していきましょう。

おすすめの記事