息子がサッカーを習い始めた

シングルマザーとして息子と2人暮らしを始めてから約5年、無職だった状態から我が家は大分安定してきました。

決して裕福な暮らしではありませんが、親子二人で暮らすにはなんとか困らず平和な日々を送っています。

いいえ、平和だったのはすでに過去の話!

我が家に新しい風が吹き始めました!

それは、息子のサッカー教室への入会!

今回は、シンママ家庭で子供が習い事に通うことについてまとめます!

息子がサッカーを習い始めた!

サッカーを習い始めた息子

我が家の一人息子、サッカーを習い始めたんです。

運動が苦手で、何をしてもどんくさい息子。

運動会のかけっこはダントツビリが定位置、鉄棒も縄跳びも、何をしても明らかに「運動ができない子」な動き方な息子。

それでもいいじゃん。息子には息子の得意分野があるよ!

そう思っていましたが、本人が「サッカーやりたい」と言い出したんです。

まさか、自分からスポーツを頑張りたいと言い出すとは思っていなかった(ひどい)ので驚きましたが、本人が言うならということで早速入会!

すると、我が家の生活には大きな変化が起きることになりました。

毎週練習に付き添うことに。副業時間が減った!

時間がない!

サッカーの練習は毎週あります。

1度の練習で3時間、がっつり練習するんです。

3時間動くなんて、大人には中々もう考えられませんが、少年少女の体力はすごいです。

その練習に、付き添いという形で親も行くわけなので、まずはとにかく週末の時間の使い方が大きく変わりました。

シングルマザー家庭にとって、週末は家事をまとめてやっつける大忙しの日です。

そんな週末に3時間練習を見るだけで他のことができない時間ができた。これは結構な変化です。

もちろん練習を見ているのは楽しいですし、どうしてもずっと見ていなくてはならないわけではありません。

でも入会直後の我が子を放置して家事をできるほど心臓が強くない私は、今のところはグラウンドの片隅で息子が走り回るのを眺めています。3時間。

私の場合、週末は副業のハンドメイドショップやブログのメンテナンスをする貴重な時間でもあります。

3時間を拘束されるわけなので、明らかに週末の作業量は落ちました。

ユニフォームにシューズなど、用具の買い物でお金がかかる

お金がかかります

我が家の暮らしは随分と安定しました。

2人暮らしを始めてすでに5年。親一人子一人で暮らすのにはそんなに困っていません。

でも、それは「暮らすのには」だけの話。

習い事をするとか、プラスアルファに使うお金はやっぱりまだ足りません。

サッカーを始めたことで、ユニフォームやシューズ、バッグにボールなどなど、様々なものが必要になりました。

今回、サッカーを始めるにあたって購入することになった物はこんな感じです。

  • ユニフォーム練習用(チームオリジナルのオーダーメイド品)×1
  • ユニフォーム試合用(チームオリジナルのオーダーメイド品)×2
  • 靴下練習用×1
  • 靴下試合用×2
  • ボール×1
  • バッグ(リュック)×1
  • 名札(チーム指定のモノ)×1
  • 練習用シューズ×1

これら全部をそろえて大体金額としては3万円程度でした。

結構な出費です

それ以外にスポーツ保険やチーム指定の諸経費、そして月謝など、ランニングコストがかかることになります。

息子が入会したチームは月謝がかからないボランティアチームなのですが、それでもコーチをしてくれている方々に謝礼金を支払ったり、チームが使う備品を購入するための消耗品費があったりします。

大体年間で1000円程度かかりますよという説明をもらいました。

更に、遠征に行くとなれば交通費やお弁当、飲み物におやつ(子供たちには頑張る糧になる)など、日常的にちょっとした出費が続くことになるようです。

また、今はシューズも練習用だけですし、1足買い与えたばかりですが、これから練習を続けていくうちにシューズが痛んだり、サイズアウトしたりするのでどんどん追加で購入することに。

もっと言えば、今は練習用だけですが、本人が頑張って上達して行ったら、練習用ではなく本番用のスパイクを購入することになっていくのでシューズ代が2倍に・・・。

というように、シングルマザー家庭にとってはボディブローのようにじわじわと効いてくる出費がずっとかかっていくことになります。

正直に言って、しんどい。

その分、これまで割と自由に過ごしてきたことを切り詰めて節約を強化する必要が出てきました。

その分も副業を頑張らないといけませんね。

ママ同士のコミュニケーションがマスト

コミュニケーションがマスト

サッカーチームの主役はもちろん子供たちですが、活動が活発なクラブチームを支えているママたちはコミュニケーションが命!

練習についての連絡事項や、それに対するコメントなどのやり取りが頻繁に行われますので、情報にしっかりついていく必要があります。

スポーツ少年たちのママたちだけあって、ママたちもさっぱりと気持ちのいいやり取りなことがとっても素敵。

ただ、平日は仕事で忙しいシンママはどうしてもレスポンスが遅くなりがち。

チームに迷惑がかかったり、必要な情報を取り逃すことがないよう気を配らないといけません。

洗い物が増えた!家事の効率化が必要に

洗濯物が増えた
スポーツをするならば避けて通れないのが洗い物。

サッカーは外スポーツですので、泥んこ汚れと毎週のように格闘することになります。

特に靴下は手洗いしないと落ちない頑固な泥んこ汚れが毎週のように。

これまでと同じ家事の進め方では終わらないくらいするべきことが増えますから、いかに効率的に要領よくこなすのかが大切です。

これまでもかなり家事は手を抜いてきたんですが、これ以上何をサボったらいいのか・・・しっかり考えたいと思います。

練習後は息子がお腹ペコペコ!外食しないで済む工夫が必要

練習後は腹ペコ!

小学3年生になった息子は食欲が爆増したようです。

これまで通りの量でご飯の準備をしても、食後にするおやつを食べたがることが増えました。

そこで、食事の量を増やしているわけなのですが、本当に底なし!

心配になるくらい食べます。

そんな食欲魔人が毎週の練習後に腹ペコで「ご飯食べて帰ろうよ」と言うんですよ。

言われるままに外食してしまっては、家計が破滅します。

これまではちょっとした外食も2人で1000円くらいで済ませることができていて、そのくらいならいいかと思ってそんなに節制してきませんでしたが、これからは違います。

外食するたびに結構な金額がかかってしまいそうですし、とにかく家で手軽に食べられるものを用意しておくことが必要です。

でも、自分も疲れるのになかなか大変ですよね。

シングルマザーにとっては忙しさが増す子供の習い事。でも頑張ろうと思ってる

このように、我が家は息子がサッカーを始めたことで、忙しさも出費も増しました。

賢く立ち回ってこなしていかないと、出費が抑えられないだけではなく副業も立ち行かなくなりますし、ストレスも溜まってしまう。

でも、息子がせっかく言い出したチャレンジです。

これまでは本当に、何かを頑張りたいと言ったことはなかった。

その息子が頑張って駆け回っていて、できないなりにボールに食らい付いて行っていて、へとへとになるまで文句も言わずに取り組んでいる。

それなら親として、協力しないわけにはいきませんね。

これからの我が家はサッカー中心に回っていきそうです。

頑張るぞ~!

おすすめの記事